技術力を生命保険
技術力を生命保険
ホーム > 注目 > あまり頑なに考えすぎず

あまり頑なに考えすぎず

体を妊娠しやすい状態にするために、大事なことは質の良い睡眠をとるということです。

 

人間というものは寝不足の状態が続くと、活性酸素が増えてしまい、その結果、卵子であったり精子であったりが酸化されてしまい、劣化します。

 

年齢と共に衰えていく性機能を少しでもキープするため、妊活の最中はしっかりと睡眠をとりましょう。

 

妊娠初期には葉酸が不足しがちと、いろいろなところで言われています。

 

しかし、本当は妊娠1ヶ月前から継続して葉酸を摂ることがおすすめだと理解していましたか?赤ちゃんが欲しいと考え始めたときこそ意識して毎日葉酸を摂り始めたいときだと言うべきでしょう。

 

赤ちゃんに来て欲しいと思ったらまず葉酸の摂取からですね。

 

一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜は、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といった青菜の野菜に多く含まれています。

 

赤ちゃんを授かったあと、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、お腹の赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性があるという話があります。

 

とはいえ、毎日大量の野菜を食べることが難しいという場合には、納豆とかホタテにも、多くの葉酸が含まれていますので、野菜の代わりにそれらを食べることをオススメしたいです。

 

あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いでしょう。

二の腕ぶつぶつ治す